トップページ > 最新情報 > 1万個のiOSアプリが「アプリのトラッキングの透明性」のプロンプトを適用済み
2021年5月1日 15時04分

読了まで 152

1万個のiOSアプリが「アプリのトラッキングの透明性」のプロンプトを適用済み

アプリのトラッキングの透明性


 
iOS14.5から適用されている「アプリのトラッキングの透明性」(ATT)のプロンプトを、おおよそ1万個のiOSアプリがすでに組み込んでいることが、アプリデータ分析会社の調査で明らかになりました。

App Storeの0.5%のアプリがすでに新ガイドラインを遵守

アプリのトラッキングの透明性」の導入からまだ1週間も経っていませんが、AppFiguresによれば、App Storeに掲載されている約1万個のアプリIDFA(Identifier for Advertisers)の追跡を許可するかどうかのプロンプトをすでに表示しているとのことです。
 
App Storeには、現在200万個のアプリが存在しているとされているため、全体の0.5%が新ガイドラインに沿っていることになります。

トラッキングの説明書きの内容は様々

ATTをすでに導入済みのアプリのうち、ゲームアプリが全体の20%を占めています。ユーティリティ、エンターテインメント、ニュース、ショッピングなどのカテゴリのアプリはおおよそ6%となっており、ターゲティング広告から多くの利益を上げているソーシャルネットワーキングアプリのシェアは5%ほどとなっています。
 
att カテゴリ別
 
AppFiguresの調査によると、アプリが掲載するトラッキング内容の説明文は、かなり凝ったものから、デフォルトの文章、誤解を招きそうな声明まで、様々なものがあったとのことです。トラッキングに関するアプリの説明書きは、今後Appleがアップデートの精査を重ねるにつれて変容していく可能性がありそうです。
 
 
Source:AppFigures via AppleInsider
Photo:Apple/YouTube
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる