トップページ > 最新情報 > ソニーのスマートフォン事業が2017年度以来の黒字に~販売台数は依然伸びず
2021年4月29日 09時39分

読了まで 135

ソニーのスマートフォン事業が2017年度以来の黒字に~販売台数は依然伸びず

ソニーのXperiaの画像


 
ソニーのスマートフォン事業が2017年度以来の黒字を記録しました。しかしながら販売台数は減少の一途をたどっています。

277億円の利益を達成した2020年度

ソニーのモバイル事業は2020年度に277億円の利益を達成しました。これは、2017年度以来のことです。
 
しかしながら、Xperiaシリーズの2020年度の販売台数は過去10年と比べても少なく、290万台でした。
 
ソニーのXperiaの過去10年間の販売台数の推移
 
ソニーのXperiaシリーズの販売台数は2014年度以降減少の一途をたどっています。

平均販売価格を上げることで黒字を達成

ソニーは販売台数を増やす代わりに、平均販売価格を上げることで黒字を達成したとのことです。
 
決算説明会ではソニーの幹部が「当初の予想を上回る結果」と述べています。
 
ソニーは2021年初夏以降に新型スマートフォンであるXperia 1 ⅢとXperia 10 Ⅲを日本などの地域で発売する予定です。

 
 
Source:ソニー via XPERIA blog, Android Authority
(ハウザー)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる