トップページ > 最新情報 > Spotify、ポッドキャストの有料サブスクを米国で提供開始。Appleに対抗
2021年4月28日 11時21分

読了まで 24

Spotify、ポッドキャストの有料サブスクを米国で提供開始。Appleに対抗

Spotify


 
現地時間4月27日より、Spotifyはポットキャストの有料サブスクリプションサービスを米国で開始することを発表しました。今後、数カ月間で他国にも展開される予定です。

クリエイターは収益の100%を受け取ることが可能

今回の発表は、Appleがスペシャルイベントの「Spring Loaded」で、有料サブスクリプションサービス「Apple Podcasts」を発表してから1週間後に行われました。
 
Spotifyの新機能は、パートナーであるAnchorを通じてクリエイターに提供され、ポッドキャスター(ポッドキャスト配信者)はエピソードを「購読者限定」と表示できるようになります。同社はこの機能をクリエイターに無償で提供し、クリエイターは収益(決済手数料を除く)の100%を受け取ることができるとしています。2023年以降は、5%の手数料が徴収される予定です。
 
ポッドキャスターは利用料金を月額2.99ドル(約325円)、4.99ドル(約544円)、7.99ドル(約870円)の3つの価格帯の中から設定できます。このサービスはSpotifyに登録されている12の独立系ポッドキャスターから開始され、数カ月後にはさらに多くのクリエイターへと展開される予定です。
 
この新しい購読者限定コンテンツは他のポッドキャストと同様、Spotify内で検索が可能です。リスナーが料金を支払ってポッドキャストを購読するまでは、再生ボタンに鍵のアイコンが表示されます。
 
なお、Spotifyは米公共ラジオ局(NPR)と提携し、5月4日からNPRの番組の一部を広告なしで有料会員に公開する予定です。

Appleでは初年度に収益の30%の手数料が必要

Apple Podcastsは5月に開始されますが、Appleは初年度にクリエイターから収益の30%を、2年目からは15%の手数料を徴収します。なお、クリエイターは年額19.99ドル(約2,177円)を支払って「Apple Podcasters Program」に登録する必要があります。
 
 
Source:Spotify via MacRumors
(m7000)

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる