トップページ > 最新情報 > 2021年第1四半期の欧州スマホ市場はSamsungがトップをとるも地域ごとに混戦
2021年4月28日 08時28分

読了まで 152

2021年第1四半期の欧州スマホ市場はSamsungがトップをとるも地域ごとに混戦

iPhone12 ProとiPhone Xの画像


 
2021年第1四半期(1月~3月)におけるヨーロッパのスマートフォン市場はSamsungがトップの座を獲得しました。しかしながら、ランキングは地域ごとに異なり、混戦模様となっています。

首位はSamsung、2位はAppleのヨーロッパ市場

調査会社のCounterpointによると、2021年第1四半期におけるヨーロッパのスマートフォン市場は、1年前と比べて新型コロナウイルスの見通しが改善したことで、販売台数が6%の伸びを示しました
 
しかしながら、2019年の水準と比べると若干減少しています。
 
メーカーごとに見ると、ヨーロッパ市場全体としては32%のシェアを獲得したSamsungが首位です。
 
2021年第1四半期におけるヨーロッパのスマートフォン市場のシェアランキングの画像
 
2位は28%のシェアのApple、3位は18%のシェアのXiaomiとなっています。

地域ごとに異なるランキング

一方、ヨーロッパの地域ごとに見るとランキングは変わります。
 
たとえば、フランス、ドイツ、イギリスではAppleが首位でした。
 
また、XiaomiはスペインでSamsungを抜いて首位、イタリアではAppleを抜いて2位となっています。
 
2021年第1四半期におけるスペインとイタリアのスマートフォン市場のシェアランキングの画像

今後も混戦模様が継続

今後はワクチン接種プログラムの加速により新型コロナウイルスの状況が改善することで、2021年通年での回復の基礎が築かれていくと予測されています。
 
現在1位と2位にあるSamsungAppleはこれからも中国メーカーの挑戦を受け続け、ヨーロッパでのベンダー間の競争は激化しそうです。

 
 
Source:Counterpoint
Photo:ぱくたそ
(ハウザー)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる