トップページ > 最新情報 > Apple、従業員への新型コロナワクチン接種を開始〜自社オフィスで
2021年4月24日 15時05分

読了まで 143

Apple、従業員への新型コロナワクチン接種を開始〜自社オフィスで

Appleの本社ビルの画像


 
AppleはWalgreens Boots Allianceとパートナーシップを組み、Appleオフィスで従業員への新型コロナワクチンの接種を近く開始する、とBloombergが報じています。

専用Webサイトを開設中

Bloombergによれば、Appleは現在従業員が使用できる専用ワクチンWebサイトを開設中であるとのことで、完成した暁にはワクチン接種の予約が行えるようになる模様です。
 
Appleは、従業員向けの新型コロナワクチンは手に入っていないと以前述べていましたが、米カリフォルニア州でのワクチン利用が拡大し、すべての居住者が接種対象となったことを受け、今回の自社ワクチン接種プログラム開始に踏み切ったようです。

ワクチン接種によりオフィス復帰が求められることはない

Appleはすでに、従業員がワクチン接種を受ける場合、接種を受ける日と副反応からの回復期間のための有給休暇を付与していました。
 
ワクチン接種により、従業員のオフィス復帰が促される可能性が考えられますが、Appleは従業員に対してオフィスに戻るよう求めたことはなく、ワクチン接種を受けたからといってオフィス復帰が強いられることもないようです。
 
Appleの広報担当者は、このワクチン接種プログラムの存在を認めています。
 
 
Source:Bloomberg via MacRumors
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる