トップページ > Apple Watch > watchOS7.4、オーストラリアとベトナムで心電図アプリが有効化される見通し
2021年4月22日 01時00分

読了まで 139

watchOS7.4、オーストラリアとベトナムで心電図アプリが有効化される見通し

Apple Watch ECG/Apple USA


 
watchOS7.4正式版では、オーストラリアとベトナムで心電図アプリが有効化される見通しです。

オーストラリアでは競合デバイスが認可済み

Appleが、現地時間2021年4月20日にwatchOS7.4リリースキャンディデート(RC)を公開、正式版リリース時に、複数の国で心電図アプリ(ECG App)が有効化されると伝えました。
 
9to5Macによれば、対象国はオーストラリアとベトナムになるとのことです。
 
オーストラリアでは2021年2月に、心電図アプリの機能の一部である、「不規則な心拍の通知機能」がオーストラリア医療製品規制庁(TGA:Therapeutic Goods Administration)の承認リストに掲載されたことから、まもなく有効化されると予想されていました。
 
同国では既に、競合デバイスであるWithings ScanWatchの心電図測定機能が認可されていました。

watchOS7.4正式版が来週リリース

watchOS7.4正式版は、iOS14.5、iPadOS14.5、tvOS14.5の正式版とともに、来週リリースされる予定です。
 
 
Source:9to5Mac via iMore
Photo:Apple
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる