2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    2021年1月の世界売れ行きトップ10のうち6モデルがiPhoneに

    iPhone12 シリーズ

    iPhone12 シリーズ
     
    2021年1月における世界スマートフォン売上トップ10モデルのうち、1位から4位、8位そして10位を、AppleのiPhoneシリーズが占めたことがわかりました。調査会社Counterpoint Researchが報告しています。

    iPhone12が売れ行きトップ

    Counterpointの調べによると、2021年1月に世界でもっとも売れたスマートフォンはiPhone12でした。その後にiPhone12 Pro Max、iPhone12 Proが続いています。
     
    これら3モデルで、同月のiPhoneの総売上の71%を占めたと、Counterpointは述べています。
     
    1月にiPhone12シリーズが堅調な売上を計上した理由についてCounterpointは、iPhoneユーザーの間で5G対応モデルへの買い替え意欲が高まっていたこと、各国の通信キャリアが積極的な宣伝を行ったことを挙げています。またiPhoneの発売時期が例年より遅れたことも、1月の好調なiPhone売上を後押ししたようです。
     
    Counterpoint

    iPhone12 miniの順位はiPhone11を下回る

    なおiPhone12シリーズの売上の約3分の1は米国での売上でした。また1月の米国における売上トップはiPhone12 Pro Maxであったとのことです。
     
    iPhone12 miniは10位以内にはランク入りしたものの、1年前のモデルであるiPhone11の順位を下回る結果となりました。一方iPhone SE(2020年モデル)は大健闘といっていいでしょう。

    XiaomiとSamsungのスマホもトップ10入り

    5位と6位には、Xiaomiの安価なRedmi 9AとRedmi 9が食い込んでいます。この2モデルで、1月のXiaomiの全スマホ売上の25%を占めました。
     
    SamsungのGalaxy A21SとA31が、7位と9位にランク入りしています。A31がトップ10入りするのは初めてとのことです。

     
     
    Source:Counterpoint Research
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次