トップページ > 最新情報 > 「Flappy Bird 」、macOS Big Surの通知内ゲームとして復活
2021年4月12日 01時24分

読了まで 151

「Flappy Bird 」、macOS Big Surの通知内ゲームとして復活

flappy bird


 
中毒性の高さからApp Storeで提供停止となったゲーム「Flappy Bird」を、macOS Big SurUserNotificationsUIフレームワークを使って通知の一部として復活させた強者が登場した、と報じられています。

2014年に姿を消したゲームが再び?

開発者のニール・サデサイ氏(@neilsardesai)が、macOSの通知に押し込めたFlappy Birdをプレイする様子を撮影した動画を公開し、注目を集めています。マウスのクリックで、タップ動作が再現されています。
 


 
米メディアMacRumorsによれば、WebGLエンジンPlayCanvasの開発者であるウィル・イーストコット氏がFlappy Birdのコピーゲームを制作し、通知として落とし込んだとのことです。
 
「Flappy Bird」は、1日約50,000ドルの広告収入につながったほど人気を集めたゲームでしたが、2014年2月にアプリストアから姿を消しました。
 
Flappy Birdの開発者のドン・グエン氏いわく、「習慣性のある製品となってしまった」ゆえに、ゲームの提供停止を決定したとのことです。
 
 
Source:MacRumors, Wired.jp
Photo:PlayCanvas
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる