トップページ > 最新情報 > Googleマップ、東京の空港や駅でのARナビゲーション機能を近く開始
2021年4月2日 16時05分

読了まで 212

Googleマップ、東京の空港や駅でのARナビゲーション機能を近く開始

google マップ


 
Googleは、人工知能(AI)を使ったマップの強化を図っており、新たな機能を公式ブログで発表しました。拡張現実(AR)によるナビゲーションや、空気の汚染度を示す新たなレイヤーなどが数カ月以内に利用可能になる見通しです。

Live Viewはすでに米国のモールで利用可能

Live View」機能は、AIに何百億ものGoogleストリートビュー画像をスキャンさせることで実現した“グローバルローカライゼーション”という技術がもとになっています。正確な高度や建物の中での物体配置の把握により、空港、駅や、ショッピングモールといったような場所でもナビゲーションが可能になりました。
 
飛行機や電車に乗るとき、Live Viewで近くのエレベーター、搭乗ゲート、プラットフォーム、手荷物受取所、チェックインカウンター、チケット売り場、トイレ、ATMなどの位置がARですぐにわかるようになります。
 
google マップ ar
 
ショッピングモール内で何かを購入する必要がある場合でも、Live Viewですぐに目的の店舗にたどりつき、用事を済ませてモールから出ることができます。
 
Live Viewは、AndroidとiOSの両アプリで、シカゴ、ロングアイランド、ロサンゼルス、ニューアーク、サンフランシスコ、サンノゼ、シアトルの多くのショッピングモールですでに利用可能となっています。
 
機能は次の数カ月以内に、東京、チューリッヒやその他の都市の空港、モール、駅でも導入される見通しです。

天気予報と空気汚染度の表示

Googleマップの新しい天気レイヤーで、現在の気温と天気、および天気予報の表示が可能となります。この機能により、突然の雨に傘なしで降られることはなくなる、とGoogleはコメントしています。
 
google マップ
 
また、空気汚染指数の表示で、健康に悪影響があるかがわかるようになっており、アレルギーがある方には特に重宝するとされています。データは、The Weather Company、AirNow.gov、the Central Pollution Boardなどにより提供されています。
 
天気レイヤーは世界的に展開される予定で、空気汚染度レイヤーはオーストラリア、インド、米国で先行的に公開され、その他の国や地域でも導入される見通しです。
 
 
Source:Google
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる