トップページ > 最新情報 > 動画ライブ配信アプリ「Periscope」、現地時間3月31日に終了
2021年4月1日 10時51分

読了まで 29

動画ライブ配信アプリ「Periscope」、現地時間3月31日に終了

Periscope


 
Twitterが運営する動画ライブ配信アプリ「Periscope」が、現地時間3月31日をもって終了することが発表されました。

今後は、Twitter Liveを使ってライブ配信が可能

2020年12月にPeriscopeが、単体アプリとしての運営を終了することが発表されました。終了の理由については、現在、同アプリの機能のほとんどがTwitterアプリに移行しているためだと説明されています。
 
Periscopeは、利用者の減少とコストの上昇により、「持続不可能なメンテナンスモードの状態」のまま提供されており、Periscopeチームは、アプリをそのままにしておくことは、「現および旧Periscopeコミュニティや、Twitterにとって正しいことではない」と述べています。
 
Periscopeの主な機能は、Twitterを通じて提供されており、昨年より新規アカウントの開設ができなくなっていました。Twitterで既にシェアされているブロードキャストはリプレイとして利用でき、Periscopeユーザーは、ブロードキャストやデータのアーカイブをダウンロードすることができます。
 
今後は、ツイート作成画面でアプリ内カメラアイコンを選択すると、Twitter Liveを使ってTwitterでライブ配信をすることが可能となります。さらに、ブランド、パブリッシャー、クリエイターは、Media Studioを使ってライブ配信を行うことができます。
 


 
 
Source:Twitter via MacRumors
(m7000)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる