トップページ > 最新情報 > Apple、世界中の製造パートナー110社以上の使用する電力を100%再生可能へ
2021年3月31日 22時55分

読了まで 158

Apple、世界中の製造パートナー110社以上の使用する電力を100%再生可能へ

apple 環境


 
Appleは、2030年までにサプライチェーンでのカーボンニュートラル実現を目指し、エネルギー貯蔵プロジェクトを進めている、と発表しました。

年間1,500万トン分の温室効果ガス削減に寄与

Appleは3月31日、「世界中の製造パートナー110社以上が、Apple製品の製造に使用する電力を100パーセント再生可能エネルギーに振り替えていく」と、Newsroomで発表しました。
 
このAppleの計画により、約8ギガワット分のクリーンエネルギーが調達可能になる予定で、CO2換算で年間1,500万トン分の温室効果ガス削減に寄与する見通しであるとのことです。なおこれは、道路から毎年3,400,000台以上の自動車を排除することに匹敵します。
 
「Appleは、当社のサプライヤーが2030年までにカーボンニュートラルを達成するのを支援していくことを固く誓い、当社の取り組みに賛同していただいた企業が、業界や国境を越えて──ドイツ、中国、米国、インド、フランスから世界中に広がりつつあることに感動を覚えています(後略)」と、Appleの環境·政策·社会イニシアティブ担当バイスプレジデント、リサ·ジャクソンはコメントしています。

「California Flats」とは?

米国最大規模のバッテリープロジェクトの1つとして、Appleは「California Flats」という名称の電力貯蔵施設(トップ画像)を現在建設中です。この業界屈指の施設は電力グリッド規模で、Appleいわく、7,000世帯以上に供給する1日分の電力量としても十分な240メガワット時のエネルギー貯蔵能力があるとのことです。
 
Appleは、カリフォルニア州で発電所規模のエネルギー貯蔵施設に投資しながら、新たなエネルギー貯蔵テクノロジーの研究も並行して進めている、と述べており、2030年の目標に向けて着実に歩み続けているようです。
 
 
Source:Apple
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる