トップページ > iOS > AndroidはiOSの20倍のデータを収集?~Trinity Collegeの研究
2021年3月31日 10時25分

読了まで 24

AndroidはiOSの20倍のデータを収集?~Trinity Collegeの研究

iPhoneのプライバシーに関する設定の画像


 
スマートフォンは端末上のさまざまなデータを収集し送信しているといわれています。Trinity Collegeの研究によると、Androidが送信するデータ量はiPhoneなどに搭載されるiOSの20倍であったとのことです。

iOSの20倍のデータを送信するAndroid

この研究はTrinity Collegeのダグラス・リース研究員によって行われています。
 
Androidのデータ収集の測定には、Android 10を搭載したGoogle Pixel 2が使用されました。また、iOS側は、iOS13.6.1を搭載したiPhone8をジェイルブレイクして使用したとのことです。
 
リース研究員によると、端末の起動時に送信されるデータ量は、Androidが約1MBだったのに対し、iOSは約42KBであったとのことです。
 
また、たとえアイドル状態であっても、平均で4.5分ごとにどちらのOSもサーバーに接続しています。アイドル時にはAndroidは12時間あたり約1MBのデータをGoogleに送信しますが、iOSは約52KBのデータをAppleに送信していました。
 
これは、米国内だけでも、Androidは12時間ごとに約1.3TBのデータを収集しているのに対し、iOSは12時間で約5.8GBのデータを収集していることに相当するそうです。
 
リース氏は、このようなデータの送信を防ぐための現実的な選択肢は、今のところほとんどないと述べています。

Googleは異議を唱える

この研究に対し、Googleはそもそも研究の手法が間違っており、スマートフォンで一般的に送信されるUDP/QUICトラフィックなどの特定の種類のデータが捕捉できていないと主張しています。
 
また、データ収集はインターネットに接続された機器のコア機能であるとも述べています。
 
Appleからはコメントを求めるメールへの返信がありませんでした。

 
 
Source:Trinity College via Ars Technica, 9to5Mac
(ハウザー)

カテゴリ : iOS, iPhone, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる