「バスNAVITIME」アプリが、「バス停チェックイン」機能を追加

Bus navitime

Bus navitime
 
ナビタイムジャパンが2021年3月29日、バス専用ナビゲーションアプリである「バスNAVITIME」が、「バス停チェックイン」機能を追加したことを発表しました。

GPSをオンにした状態でチェックイン

2021年3月2日時点でのナビタイムジャパン調べでは、「バスNAVITIME」アプリは全国全ての路線バスおよびコミュニティバスに対応しています(保有台数5台未満の路線バス会社、高速バス、シャトルバス、デマンドバス等は除く)。
 
新たに追加された「バス停チェックイン」機能では、GPSをオンにした状態で現在地周辺のバス停にチェックインすると、そのバス停を記録できます。
 
チェックインしたバス停は地図上で確認することができ、チェックインの回数に応じてバッジを獲得できます。
 
なお、「バス停チェックイン」機能利用には、「NAVITIME ID」登録(無料)もしくはプレミアムコース登録(有料)が必要です。
 
Bus navitime 2

4月上旬よりデジタルチケットを販売開始予定

ナビタイムジャパンは、「バスNAVITIME」アプリにおいて4月上旬より、バスの1日乗車券などのデジタルチケットを販売開始する予定と案内しています。
 

 
 
Source:プレスリリース/ナビタイムジャパン
(FT729)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

特集

目次