トップページ > 最新情報 > Apple、WebKit内で「iOS15」と「macOS 12」に言及
2021年3月30日 06時49分

読了まで 156

Apple、WebKit内で「iOS15」と「macOS 12」に言及

ios15コンセプト


 
Appleは6月の世界開発者会議(WWDC 2021)において次期OSを発表する見込みですが、最近アップデートされた、オープンソースである同社のWebKitコード内で、iOS15macOS 12の名称に触れていると、米メディア9to5Macが伝えています。

WebKitコード内に次期OSのバージョン名

Appleはここ数年、毎年WWDCにおいて各種OSについて発表し、その後ベータ版のリリースを重ね、秋に正式版を公開するというパターンを維持しています。
 
その流れでいくと、今年のWWDC 2021で、次期OSであるiOS15macOS 12の詳細が発表されることになります。
 
ところがAppleが最近アップデートした、オープンソースであるWebKitのコードで、すでにiOS15とmacOS 12に言及していることがわかりました。

これまでは「TBA」のみだった

これまで、WebKitコード内での次期OSは「TBA(=to be announced 未発表という意味)」とのみ記されており、バージョン番号は書かれていませんでした。
 
9to5Macによれば、iOS15とmacOS 12への言及は、2月にWebKitリポジトリに追加されたものであるとのことです。

macOSの命名規則が変わる

ただしWebKitで言及されているのはバージョン番号のみで、iOS15とmacOS 12で追加される新機能についての記述は含まれていません。
 
とはいえ、Appleが次期macOSのバージョン名をこれまでの命名規則に則った「macOS 11.1」ではなく、iOSと同様小数点以下の数字を用いない「macOS 12」にするという報道が正しい可能性が、さらに高まったといっていいでしょう。

 
 
Source:9to5Mac
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる