2021年3月25日 16時18分

読了まで 146

Apple Music、言語療法のための特別なプレイリストを公開

apple music


 
Warner Music(英国)とRothcoが協力し、若年層の機能性構音障害(SSD)を改善するのに役立つ楽曲を集めた「Saylists」(“言う”リスト)を制作し、 Musicで公開しました。

7,000万曲の歌詞をアルゴリズムで分析

英BBCによれば、英国の子どもの12人に1人が何らかの機能性構音障害(はっきりとした原因が見当たらないにも関わらず言語音をうまくつくれない状態)経験しているとのことです。こうした障害を持つ子どもたちには、同じ言葉を繰り返す療法が有効であることが判明していますが、単に言葉を繰り返すだけでは飽きてしまいます。そこで作成されたのが今回の「Saylists」です。
 
は7,000万曲にわたるトラックの歌詞をアルゴリズムで分析し、特定の繰り返しパターンを含む楽曲を選択していきました。結果、173の楽曲がWarner Musicによって選出され、言語セラピストのアナ・ビアバチ-スミス氏により、10個の“Saylist”が制作されました。
 
の持つ力を信じている。音楽は人の人生をより良く変えることができる」と、Warner Music(英国)の最高経営責任者のトニー・ハーロウ氏はコメントしています。
 
Apple Musicの”Saylist”は、3月25日からApple Music(英国)で公開されています。
 
 
Source:Music Week, BBC via AppleInsider
(lexi)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる