障害者手帳アプリ「ミライロID」導入鉄道会社が123社に〜JRなど全国に拡大

    ミライロID

    ミライロID
     
    障害者手帳アプリ「ミライロID」を開発する「ミライロ」は、アプリが使える場所に新たにJRなどが加わり、全国123社の鉄道会社で利用できるようになると発表しました。

    鉄道会社の一斉導入により、導入事業者が大幅拡大

    ミライロIDは、2019年7月にリリースされ、2021年2月時点では885の事業者で導入されてきました。今回、多くの鉄道会社で導入が進むことで、ミライロIDが利用できる場所が大幅に増えることになります。
     

    障害者割引をよく利用する場所は公共交通機関

    2021年2月にミライロIDユーザー271名が回答したアンケート調査では、障害者割引をよく利用する場所として、「公共交通機関(タクシーを含む)」がトップでした。また、同アンケートでは、ミライロIDの使える場所の拡大や、その中でも鉄道会社・地域を指定した要望がありました。
     
    今回、JRを含む多数の鉄道会社が導入することで、これに応える形となります。利用可能な鉄道会社について、詳しくは、記事下部のSourceをご覧ください。
     
    ミライロID

    ミライロIDとは?

    アプリ「ミライロID」は、2019年7月1日にリリースされた、障害者手帳アプリです。ユーザーは、障害者手帳の情報や福祉機器の仕様、求めるサポートの内容などをミライロIDに登録することができ、ミライロIDを本人確認書類として認めている事業者(2021年2月末時点では885事業者が参画)においては、障害者手帳の代わりに提示することが可能です。
     

    どんな場所で利用できる?

    例えば、NTTドコモ、au、ソフトバンクの携帯大手3キャリアでは、店頭でミライロIDを用いて、障がい者向けの割引サービスを申し込むことができます(本人確認書類が別途必要な場合あり)。また、大阪府は自治体として導入しており、使用可能施設では、府立施設の利用料・使用料の減免を受ける際に、ミライロIDを提示すれば、障害者手帳を提示する必要がありません。
     

     
     
    Source:ミライロ
    (藤田尚眞)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次