トップページ > iPhone > iPhone12の5G通信速度はAndroidよりも遅い?上位25モデルに入れず
2021年3月16日 09時24分

読了まで 213

iPhone12の5G通信速度はAndroidよりも遅い?上位25モデルに入れず

iPhone12の画像


 
iPhone12シリーズは5G通信に対応したことで、前世代に比べて大幅な通信速度の向上を果たしました。しかしながら、実際に通信速度を計測したところ、多くの5G通信対応Androidスマートフォンに勝てず、上位25モデルに入れなかったそうです。

Samsung製スマートフォンが上位の多くを占める

この測定はモバイル分析会社のOpenSignalによって行われました。
 
アメリカでの平均ダウンロード速度をスマートフォンごとにランク付けしたレポートにおいて、Appleのデバイスは上位25モデルのなかに入れなかったそうです。
 
Opensignalによるスマートフォンごとの通信速度ランキング
 
最も多くのスマートフォンがランクインしたのはSamsungで、56Mbpsの通信速度で首位のGalaxy S21 5Gをはじめ、上位25モデルのうち60%を占めました。
 
2位はTCL Revvl 5Gで49.8Mbps、3位はOnePlus 8T+で49.3Mbpsでした。
 
25位が37.9MbpsのLG Velvet 5Gであったのに対し、iPhone12 Proは36.9Mbps、iPhone12 Pro Maxは36.2Mbps、iPhone12 miniは32.9Mbps、iPhone12は29.6Mbpsであったとのことです。
 
歴代iPhoneの通信速度比較

RFの設計が原因?

iPhone12の5G通信速度が遅い原因についてOpenSignalのイアン・フォグ氏は、RF設計と関係があるのではないかと述べています。
 
SamsungのGalaxy S21は同社にとって3世代目の5Gスマートフォンであるのに対し、iPhone12シリーズはAppleにとって初めてのものです。このため、AppleはRF設計で他社に追いつく必要があるかもしれません。
 
一方、iPhone12シリーズは5G通信対応によって、4Gに比べて2.3倍の通信速度向上を果たし、他のスマートフォンブランドに対して差を縮めています。
 
4G通信から5G通信に変わって向上した通信速度の比較
 
これについてOpenSignalは、4G通信対応iPhoneはIntel製のモデムを使っていたのに対し、iPhone12シリーズでは多くのAndroidスマートフォンが使っているのと同じQualcomm製のものに変更したためではないかとしています。

 
 
Source:OpenSignal via AppleInsider
(ハウザー)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる