トップページ > iPad > JR九州、車内自動放送に独自開発のiPadアプリを活用
2021年3月11日 16時56分

読了まで 212

JR九州、車内自動放送に独自開発のiPadアプリを活用

ipad jr九州


 
九州旅客鉄道株式会社(JR九州)は、福岡県福岡市西区の姪浜駅から佐賀県唐津市の唐津駅を結ぶ筑肥線の一部列車のワンマン化に併せ、運転士支援のためiPadアプリを用いた車内放送の自動化を行った、とプレスリリースで発表しました。

iPadアプリで専用の放送装置を置き換え

JR九州は、鉄道事業の各部門において安全性の向上、お客さまサービスの向上、異常時の運転再開迅速化、検査効率の向上等などを目的に、iPadやiPhoneの導入を2018年から進めており、iPad上で動作する『運転士支援アプリ』も独自開発しています。
 
JR九州のワンマン列車では、これまで車両内に設置された専用機器を運転士が手動で操作することで列車内自動放送が行われてきましたが、機器の操作性の制限や、多言語対応や放送内容の柔軟な変更対応など、お客さまサービス向上やコストが課題となっていました。
 
JR九州は今回、筑肥線の一部列車のワンマン化に伴い、iPadで動作し、専用の放送装置を必要としない『列車内自動放送アプリ』を開発し、導入を開始すると発表しました。

アプリは4カ国語に対応

アプリは、HOYAの音声作成ソフト『ReadSpeaker』による音声合成を活用し、先端技術を活用しDX分野で共創を行う独立系SIerであるNSDと共同開発されました。
 
ipad jr九州
 
JR九州は、iPadの自動放送アプリについて、以下のようにコメントしています。
 

(アプリにより)列車内自動放送を専用機器から置き換えることとし、操作性の簡素化、音声編集の低コスト化を実現するとともに、フレキシブルな放送内容変更や、幅広い地域での多言語放送によるお客さまサービスの向上を実現します。

 
アプリにより、定型文の放送や、内容の変更や修正を容易に行うことができる他、任意の音声ファイルを組み込むことができます。対応言語は基本的に日本語のみですが、最大4カ国語に対応しており、インバウンド対応にも優れています。
 
『列車内自動放送アプリ』は、2021年3月13日(土)から筑肥線・唐津線(姪浜~西唐津)の一部の列車(車掌乗務列車も含む)で導入される予定ですが、今後は他路線への適用拡大も視野に入れられているようです。なお、導入車両は、303系 3編成18両、305系 6編成36両となっています。
 
 
Source:九州旅客鉄道株式会社
(lexi)

カテゴリ : iPad, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる