トップページ > 最新情報 > iPhone向けゲームアプリの平均サイズ、5年前と比べて76%増
2021年3月11日 15時11分

読了まで 147

iPhone向けゲームアプリの平均サイズ、5年前と比べて76%増

Roblox


 
調査会社Sensor Towerが、2016年からのApp Storeのゲームアプリサイズの推移を調査した結果、過去5年間でゲームアプリの平均サイズが76%増加したことが明らかになりました。

2020年の平均サイズは465MB

Sensor Towerが調査したのは、米国App Storeで最も収益を上げている100タイトルのゲームアプリの大きさです。なお、調査対象となったのはダウンロード時のファイルサイズで、追加コンテンツのサイズは含まれていません。
 

ゲームの平均ファイルサイズは、2016年の264MBから、過去5年間で76%増となり、2020年には465MBとなった。特に昨年、ファイルサイズは大きく増加しており、前年比で30.3%増となった。中央値は、過去5年間で102.6%増となり、2016年の147MBから2020年には299MBまで増加している。昨年は18.7%の増加となり、それまでの数年間よりも成長は鈍化した。

 
平均 ゲーム サイズ

米国App Storeで最も収益を上げたゲームのサイズは?

昨年App Storeで最も収益を上げたゲーム「Roblox」のファイルサイズは222MBでした。意外とコンパクトにまとまっています。
 

 
なお、最も大きなファイルサイズのゲームタイトルは「CSR Racing ‪2」で、3.8GBという巨大な容量となっています。
 

 
 
Source:Sensor Tower via Cult of Mac
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる