トップページ > 最新情報 > 2020年第4四半期のアフリカ携帯電話市場は4.6%の成長 5Gはまだ0.7%の普及
2021年3月11日 08時45分

読了まで 217

2020年第4四半期のアフリカ携帯電話市場は4.6%の成長 5Gはまだ0.7%の普及

アフリカのスマホ市場


 
2020年第4四半期(10月~12月)におけるアフリカの携帯電話市場は前期比で4.6%の成長となりました。また、同四半期に出荷されたスマートフォンのうち5G通信対応機器の割合は、まだ0.7%しかないそうです。

前期比では成長も前年比では減少したアフリカ市場

調査会社のIDCによると、2020年第4四半期におけるアフリカの携帯電話市場は前期比で4.6%の成長でした。
 
このうち、スマートフォンは0.7%の増加でしたが、フィーチャーフォンは7.6%の成長であったとのことです。
 
前年同期比でみると、スマートフォンの出荷台数は5.5%の減少、フィーチャーフォンの出荷台数は8.0%の減少でした。
 
通年でみると、2020年におけるアフリカの携帯電話市場は、上半期に新型コロナウイルスの影響を受けたこともあり、前年比10%減となりました。

Transsionが半分近いシェアを獲得

2020年第4四半期におけるスマートフォンのシェアをメーカー別にみると、Tecno、Itel、Infinixといったブランドを抱えるTranssionが48.2%のシェアを獲得してトップでした。
 
続いて、Samsungが16.1%、Oppoが6.4%となっています。
 
スマートフォンの平均販売価格は、ミッドレンジおよびハイエンドの価格帯で各メーカーが新モデルを出したため、前四半期比で5.6%増加したとのことです。
 
特に、200ドル(約21,689円)~300ドル(約32,534円)の価格帯では出荷台数が43.7%増加しています。
 
アフリカのスマートフォン市場の平均販売価格の割合の画像
 
一方、Appleがターゲットにしている450ドル(約48,798円)超のレンジはまだまだ割合が小さいのが現状です。

5G通信対応スマートフォンの割合は0.7%

2020年第4四半期にアフリカで出荷されたスマートフォンのうち、4G通信対応の端末は83.9%を占め、3G通信対応端末も15.4%のシェアを獲得しました。
 
一方、5G通信対応スマートフォンはまだ0.7%しかシェアがありません
 
ただし、デバイス側ではほとんどのベンダーが5G通信対応モデルを市場に投入し始めており、コストが大幅に低下することが見込まれるため、今後は5G通信対応機器の成長が大幅に加速すると予想されます。
 
2021年のアフリカのスマートフォン出荷台数は前年比2.9%増を見込んでいるとのことです。

 
 
Source:IDC via Gizchina
(ハウザー)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる