トップページ > 最新情報 > 楽天モバイル、個人情報漏洩で総務省から行政指導を受けたと発表
2021年3月10日 17時42分

読了まで 151

楽天モバイル、個人情報漏洩で総務省から行政指導を受けたと発表

楽天モバイル ロゴ 壁面 iPhone Mania


 
楽天モバイルは3月10日、コミュニケーションアプリ「Rakuten Link」において、一部ユーザーの個人情報等が漏洩し、総務省から行政指導を受けたと発表しました。

個人情報や通信の秘密が漏えい

楽天モバイルによると、「Rakuten Link」において、システム不具合により別のユーザーの個人情報や、チャット履歴が閲覧できる状態が一部で発生していました。
 
楽天モバイルは以下の2つの事例が発生したと報告しています。
 

解約済のユーザー情報が閲覧可能に

 
解約済のユーザーと同じ電話番号で登録した別のユーザーが、古いユーザーの個人情報を閲覧することが可能となっていました。
 

  • 漏洩内容:登録名、連絡先の情報等
  • 漏洩数:1名分
  • 確認日:2020年10月5日(月)

 

別のユーザー情報が閲覧可能に

 
一部のユーザーに対し、既存のIDが重複して付与され、他のユーザーの個人情報やチャット履歴などが閲覧可能な状態となっていました。
 

  • 漏洩内容:登録名、連絡先の情報、発着信履歴、チャット履歴等
  • 漏洩数:15名分
  • 確認日:2020年11月13日(金)

ユーザーに謝罪

楽天モバイルは、個人情報が漏洩したユーザーに対して報告と謝罪を行った上で、既にシステムを改修しています。
 
楽天モバイルは業務体制や従業員への研修等を見直し、再発防止に努めると表明しました。
 
ソフトバンクや、LINEにおいても、個人情報流出に関連する事案が発生しており、各社が再発防止への取り組みを行っています。
 
 
Source:楽天モバイル
(seng)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる