2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    6カ月間湖の底に沈んでいたiPhone11、持ち主に返還され問題なく動作

    iphone11

    iphone11
     
    人々が湖に落とした物を水底から素潜りで拾い上げることを趣味としているYouTuberが、iPhone11を発見し、持ち主に返還する動画を公開しました。

    珍しいものを水底に発見

    カナダのブリティッシュ・コロンビア州チリワック在住でYouTubeチャンネル“Aquatic Monkey”を運営するクレイトン・ヘルケンベルグ氏は、地元カナダの湖で素潜りし、水底に沈む様々な落とし物を拾い上げていく動画を公開しています。
     
    ヘルケンベルグ氏がいつものように湖で収拾作業を行っていたところ、珍しいものが見つかったようです。
     
    iphone11
     
    発見されたのは、iPhone11でした。デバイス背面に特徴であるデュアルカメラが搭載されているのがわかります。
     
    iphone11
     
    ヘルケンベルグ氏は、iPhone11に挿入されていたSIMを別のデバイスに移すことで、元の持ち主の連絡先を探し出すことに成功したとのことです。iPhone11を失くしたのはバンクーバーの学生ファテメ・ゴデシさんでした。
     

    6カ月間も水中に沈んでいたiPhone11

    ファテメさんは昨年9月に友人とボートを乗りに湖を訪れていました。自撮り動画を撮影していたところ、あやまってiPhone11を水中に落としてしまったといいます。
     
    「本当に驚いた。ゾンビスマホが戻ってきたみたいだった。もう完全に失くなったものだと思っていたから」とファテメさんは驚きを表現しています。
     
    iphone11
     
    iPhone11は無事動作が確認されたため、なんと6カ月もの期間水中で耐え忍んだことになります。
     
    Apple公式Webサイトの「iPhone7以降の防沫・耐水・防塵性能について」のページには、iPhone11はIEC規格60529に基づくIP68等級(深さ2メートルまで、最長 30分間)に適合していると記されています。
     
    iPhone11が6カ月も水の中で耐えたからといって、意図的に水没させるのは、水濡れによる損傷を防ぐためにも、控えたほうが良いと公式サイトに記載されています。また、iPhoneを着用したまま泳ぐまたは入浴するなどの行為も奨励できないとされています。
     
     
    Source:CBC via AppleInsider, Apple
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次