トップページ > Apple Watch > 2020年第4四半期のスマートウォッチ市場はAppleが首位 さらにシェアを伸ばす
2021年3月6日 10時49分

読了まで 27

2020年第4四半期のスマートウォッチ市場はAppleが首位 さらにシェアを伸ばす

Apple Watchの画像


 
2020年第4四半期(10月~12月)のスマートウォッチ市場は、Appleがシェアを拡大し、首位を維持することに成功しています。Apple Watch Series 6とApple Watch SEが好調であったとのことです。

40%のシェアを獲得したApple

2020年第4四半期のスマートウォッチ市場におけるAppleのシェアは、前年同期の34%から40%に増加しました。
 
2020年第4四半期のスマートウォッチ市場のシェア
 
Appleはこの四半期に1,290万台のApple Watchを出荷したとのことです。この好調さは、Apple Watch Series 6とApple Watch SEによるものとみられます。
 
2位はSamsungで10%、3位はHuaweiで8%でした。
 
2020年通年で見てもAppleは首位であり、前年比19%の成長を記録しています。
 
2020年のスマートウォッチ出荷台数比較
 
Huaweiはアメリカからの制裁にもかかわらず、2020年全体では出荷台数が前年比26%増となりました。

より高価なスマートウォッチに市場がシフト

また、Apple、Samsung、Garminといったハイエンドスマートウォッチを販売するベンダーが市場を支えているため、より高価なスマートウォッチに市場がシフトしているとのことです。
 
2020年のスマートウォッチのプライスレンジ
 
2019年に最大のセグメントであった101ドル(約10,949円)~200ドル(約21,681円)のスマートウォッチは2020年に7%ポイント縮小しましたが、より高価な301ドル(約32,629円)以上のセグメントは8%ポイント成長しました。301ドル以上のカテゴリーで70%以上の圧倒的なシェアをほこるAppleに大きく助けられた形です。
 
今後2年~3年は各社のフラッグシップモデルが市場をリードし続けるため、スマートウォッチの平均販売価格は上昇し続けるとみられています。一方、3~4年のタイムフレームでは、OppoやRealmeのような低価格のプレーヤーが大きなシェアを獲得し、競争を激化させ、価格を下げていくとのことです。

 
 
Source:Counterpoint via MacRumors
(ハウザー)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる