トップページ > 最新情報 > ウォーレン・バフェット氏、Appleへの投資の有効性を強調
2021年3月1日 17時35分

読了まで 21

ウォーレン・バフェット氏、Appleへの投資の有効性を強調

 Berkshire Hathaway バフェット


 
著名な米投資家のウォーレン・バフェット氏が代表を務めるBerkshire Hathawayが、同社の株主に向けてAppleへの投資が上手くいったとするレポートを送っていたことが分かりました。

株を売ったのに保有比率が増した

投資企業Berkshire Hathawayは年次レポートで、所有するApple株の時価総額が昨年末時点で1,204億ドル(約12兆8,300億円)の規模であることを明らかにするとともに、自社株買いを行うことで、Appleの資産比率を間接的に高めることができたと強調しました。
 
Berkshire Hathawayは2016年後半から2018年半ばにかけて、Apple株を買い増してきました。バフェット氏によれば、360億ドル(約3兆8,380億円)かけて株の購入を終えた段階で、Appleの資産全体において、Berkshire Hathawayは5.2%のシェアを有していたそうです。
 
その後、Berkshire HathawayはApple株を一部手放して110億ドル(約1兆1,730億円)の売却益を得ましたが、両社がともに自社株買いを行っていたことで、かえってBerkshireが保有するAppleの資産比率は5.2%から5.4%に増大しました。

配当だけで莫大な額

バフェット氏は「売却したのにもかかわらず――ほら――BerkshireはAppleの5.4%を保有しているんだ」と述べ、「保有比率の増加は我々にとってコストがかからなかった。Appleが継続的に自社株買いを行ったからだ」と自社株買いの有効性をアピールしました。
 
現在、Berkshire Hathawayが持つAppleの資産価値は、同じくBerkshireが100%保有する全米最大の貨物鉄道会社BNSFに次ぐ規模だそうです。なお、BerkshireはApple株の配当だけで、年間7億7,500万ドル(約826億円)を得ています。
 
 
Source:AppleInsider
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる