トップページ > 最新情報 > 2020年通年の国内携帯出荷、前年比5.9%増。iPhoneはシェア46.5%
2021年2月25日 00時01分

読了まで 227

2020年通年の国内携帯出荷、前年比5.9%増。iPhoneはシェア46.5%

Apple iPhone12 Pro/iPhone12 Pro Max


 
2020年第4四半期(10月〜12月)と2020年通年(1月〜12月)の日本国内の携帯電話出荷台数を、調査会社IDC Japanが発表しました。Appleは、2020年10月〜12月にシェア52.6%、2020年通年では46.5%でいずれもトップを獲得しています。手頃なiPhone SE(第2世代)と5G対応のiPhone12シリーズが好調でした。

2020年10月〜12月の国内出荷、iPhoneが前年同期比13.8%増

IDC Japanによると、2020年10月〜12月の国内携帯電話出荷台数は1,143.2万台で、前年同期比10.6%の増加でした。
 
出荷数増加の要因としてIDC Japanは、5Gに対応したiPhone12シリーズを中心にAppleが前年同期比13.8%増の601.5万台を出荷したほか、Androidスマホは中間・低価格帯の製品の出荷が増加したため、と分析しています。
 
ベンダー別シェアは、Appleが52.6%でトップ、2位はシャープ(141.4万台出荷/シェア12.4%)、3位は京セラ(80.1万台出荷/シェア7.0%)、4位がSamsung(78.1万台出荷/シェア6.8%)、5位がソニー(73.2万台出荷/シェア6.4%)でした。
 
IDC Japan 2020年第4四半期 日本国内 携帯電話出荷台数
 
スマートフォンの国内出荷台数は1,130.1万台で、前年同期比10.3%の増加でした。

2020年のiPhoneの国内出荷台数は1,563.7万台

2020年通年の携帯電話出荷台数は3,363.3万台で、前年比5.9%の増加となりました。
 
ベンダー別では、シェアトップがApple(1,563.7万台出荷/シェア46.5%)で、出荷台数は前年比8.3%増加しています。
 
2位以下はシャープ(447.4万台出荷/シェア13.3%)、富士通(279.4万台出荷/シェア18.3%)、Samsung(271.1万台出荷/シェア8.1%)、京セラ(251.0万台出荷/シェア7.5%)と続いています。
 
IDC Japan 2020年通年 日本国内 携帯電話出荷台数
 

コロナ禍でも5GモデルやiPhone SE(第2世代)の効果で伸びる

2020年、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行による外出自粛の中でも、2019年よりも出荷台数は伸びています。
 
分離プランの導入で出荷台数が前年比7.5%減となった2019年と比較して、2020年に出荷台数が伸びた要因として、5Gモデルの出荷、iPhone SE(第2世代)など比較的廉価なモデルが多く発売されたためだろう、とIDC Japanは推定しています。
 
ただし、端末の平均単価は下落傾向が続いており、出荷台数の少ないベンダーは厳しい情勢が続き、消費者の選択肢が減る可能性もある、とIDC Japanのシニアマーケットアナリスト菅原啓氏は指摘しています。
 
 
Source:IDC Japan
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる