トップページ > 最新情報 > Apple、ノッチ無しでFace IDとTouch IDを搭載し得る特許取得
2021年2月19日 00時54分

読了まで 152

Apple、ノッチ無しでFace IDとTouch IDを搭載し得る特許取得

iPhone13 no notch


 
Appleが現地時間2021年2月18日、米国特許商標庁(USPTO)にて、ディスプレイパネルにセンサーを統合する特許を取得しました。この特許を実製品に活かせば、ノッチ無しでFace IDとTouch IDを搭載し得るようです。

各種センサーをディスプレイパネルと一体化

Appleが取得した特許は「光検出器を統合したTFTディスプレイパネル」に関するもので、ディスプレイを表示装置として機能させるだけではなく、様々なセンサーも組み込む仕組みが記されています。
 
光検出器は、「生体認証センサー」「カメラ」「深度センサー」などを搭載して構成、画像(2D画像)や深度マップ(3D画像)、ビデオクリップを生成するために使用することが、特許内で説明されています。
 
Photodetectors Integrated patent
 
多層構造を持つディスプレイに統合する各種センサーは、ディスプレイパネル下に埋め込むか、ディスプレイ自体に統合することを想定しており、特許内にはその配置図が記載されています。

2022年モデルで実現する?

リーカーのMauri QHD氏(@MauriQHD)は、上下左右のベゼルが太くなる分、ノッチのないiPhone13(仮称:2021年モデル)のプロトタイプがあると投稿していました。
 
ただし、実現するとしても、iPhone14(仮称:2022年モデル)の可能性のほうが高いようです。
 
取得した特許が必ず実製品に活かされるとは限りませんが、Appleは何らかの方法でノッチを無くすことに繋がり得る研究開発をしているようです。
 
 
Source:USPTO via AppleInsider
Photo:Wccftech
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる