2021年2月16日 07時24分

読了まで 144

Apple Watch S5/SE、充電されない問題解決しない場合は無償修理対象に

watchos6-series5-battery-low


 
一部の Series 5とで発生している、省電力モードになった後、充電されなくなる問題について、は現地時間2月15日、対処法を講じても問題が解決されない場合は、無償修理の対象となる可能性があることを明らかにしました。

問題解決のためのwatchOS7.3.1をリリース

Appleは2月15日、サポート文書を更新し、やApple Watch SEが省電力モードになり、充電されない場合の対象方法を掲載しました。
 
同社はまた、Apple Watch Series 5とApple Watch SEの同問題を解決するために、watchOS7.3.1をリリースしています。

無償修理の対象となる可能性も

Appleは更新したサポートページにおいて、省電力モードになって充電されなくなった場合の対処法を次のように案内しています。
 

ふだん使っている充電器の上にApple Watchを置いて30分以上待ちます。

 
watchOS7.3.1へアップデートし、充電器の上に30分以上置いてもApple Watchが充電されない場合は、Appleサポートに問い合わせてください。無償修理の対象となる可能性があります

 
 
Source:Appleサポート文書 via MacRumors
(lunatic)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる