トップページ > Apple Watch > 【Tips】Apple Watchの文字盤の表示時間を早く進める方法
2021年2月14日 07時32分

読了まで 142

【Tips】Apple Watchの文字盤の表示時間を早く進める方法

Apple Watch Series 6 SE


 
常に遅刻しがちなので、時計を少し早く進めておきたい…という方が少なからずいると思います。
 
実はApple Watchでも、時計の針(といっていいのかどうかはわかりませんが)を早く進められることがわかりました。米メディアAppleInsiderがその方法を解説しています。

Apple Watchの時間表示を早めるには

Apple Watchの「設定」アプリを開きます。
 
「時計」まで、下へ向かってスクロールします。
 
Apple Watch 時間を進める
 
「文字盤の表示時間を進める」で、「+0分」と現在時刻が並んでいるボックスをタップします。
 
Apple Watch 時計を進める
 
デジタルクラウンを回して、進めたい時間を設定します。
 
Apple Watch 時計を進める
 
緑の「設定」をタップします。
 
Apple Watch 時計を進める
 
現在時間よりも10分早めることができました。
 
Apple Watch 時計を進める
 
最初の画面に説明があったように、この設定によって早められるのは「文字盤に表示される時間のみ」であり、すべてのアラートや通知は正しい時間に受信されます。同期しているiPhoneの通知にも影響を与えません。
 
時計の表示を早められるのは1分〜59分までです。
 
 
Source:AppleInsider
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる