トップページ > 最新情報 > ゲーム以外のサブスクリプション型アプリトップ100の消費者支出が130億ドルに達する
2021年2月12日 09時47分

読了まで 22

ゲーム以外のサブスクリプション型アプリトップ100の消費者支出が130億ドルに達する

App Storeのアイコンの画像


 
定額料金を支払うことで一定期間中に無制限でサービスを利用できる形式の、サブスクとも呼ばれるサブスクリプション型アプリが近年人気を集めています。2020年におけるゲーム以外のサブスクベースアプリトップ100の世界的な消費者支出は、前年比で34%増加したとのことです。

人気を集めるサブスク型アプリ

調査会社のSensor Towerによると、2020年において、ゲーム以外のサブスクベースアプリトップ100に対する世界的な消費者支出は130億ドル(約1兆3,619億円)であったとのことです。
 
これは、2019年の97億ドル(約1兆161億円)に対して前年比34%の増加となっています。
 
2020年に消費者がアプリ内購入に費やした総額は1,110億ドル(約11兆6281億円)であり、このうちサブスクベースアプリは約11.7%を占めています
 
アプリストア別では、AppleのApp Storeが103億ドル(約1兆790億円)で前年比32%増、GoogleのGoogle Playは27億ドル(約2,828億円)で42%増でした。差は前年よりも縮まったものの、依然としてApp Storeのほうが4倍近く高い売り上げ額を達成しています

アプリ別ではAlphabetのアプリが強い

ゲーム以外のサブスクベースアプリの売り上げをアプリ別にみると、Googleを擁するAlphabetのアプリの強さが目立ちます
 
2020年の非ゲームサブスクアプリの売り上げトップ10の画像
 
App StoreではYouTube、Google PlayではGoogle Oneがトップであり、総合ランキングでもYouTubeがトップでした。これは、米国内だけでなく、世界中を見ても同じだそうです。
 
YouTubeは2020年に世界全体で9億9,170万ドル(約1,039億円)を売り上げ、Google Oneは4億4,500万ドル(約466億円)を売り上げたとのことです。

 
 
Source:Sensor Tower via AppleInsider
(ハウザー)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる