トップページ > 最新情報 > 2020年にインドで出荷されたスマホの77%が中国製 Appleはトップ5にも入れず
2021年2月9日 10時53分

読了まで 24

2020年にインドで出荷されたスマホの77%が中国製 Appleはトップ5にも入れず

スマートフォンを操作する画像


 
多くの人口を抱えるインド市場でのスマートフォンの売り上げは、中国メーカーが人気となっており、2020年に出荷されたスマートフォンの77%が中国メーカーのものだったそうです。一方、世界中で人気のあるAppleはトップ5にも入れませんでした。

2020年のインド市場向けに約1億4,500万台のスマートフォンが出荷

分析会社であるCanalysのデータによると、インドの2020年におけるスマートフォン出荷台数は約1億4,500万台であったそうです。
 
世界で2番目に大きなスマートフォン市場が、2%減とはいえ、対前年比で落ち込みを記録したのは史上初のことです。
 
年間の推移をみると、新型コロナウイルスの影響を受けて第2四半期(4月~6月)に大きく出荷台数が落ち込んだものの、第3四半期(7月~9月)および第4四半期(10月~12月)に大きく回復しています。
 
Canalysの2020年のインド市場のスマートフォン出荷台数のデータ
 
一方、2021年は5G通信の開通が間近に迫っており、業界全体の回復が早まると予想されているとのことです。

全出荷台数の77%を中国メーカーが占める

メーカー別では、スマートフォンの全出荷台数の77%を中国メーカーが占めるという結果になりました。
 
Canalysの2020年インド市場のメーカー別スマートフォン出荷台数のデータ
 
この割合は2019年の72%よりもさらに増えており、中国とインドの間の政治的な逆風はスマートフォン市場には影響を与えていないようです
 
首位はXiaomiで28%のシェア、続いてSamsung、Vivo、Realme、Oppoとなっています。Appleはトップ5にも入れず、シェア8%の「Others」のなかに含まれています
 
調査企業CounterpointとCyberMediaの統計では、インドにおけるAppleの2021年度第1四半期(2020年10月〜12月:Apple独自の会計年度)の収益は大幅に伸びたとされています。
 
また、2020年の世界中でのスマートフォン出荷台数ではAppleは2位となっています。
 
 
Source:Canalys via Gizchina
(ハウザー)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる