トップページ > 最新情報 > 第4世代iPod classicをWi-Fi、Spotifyに対応させた強者が登場
2021年1月29日 19時35分

読了まで 146

第4世代iPod classicをWi-Fi、Spotifyに対応させた強者が登場

ipod 改造


 
Wi-Fiに対応したiPodは、公式にはiPod touchモデルのみとなっていますが、開発者のギー・デュポン氏はあの懐かしのiPod classic(第4世代)インターネット接続可能にし、Spotifyを再生するという荒業を成し遂げたようです。iPodの中身はどのようになっているのでしょうか?

ケースとクリックホイール以外は総入れ替え

デュポン氏のiPod改造は、オリジナルのケースとクリックホイール以外ほぼすべて中身を入れ替えることによって実現しました。Wi-FiとBluetooth接続を追加するため、10ドル(約1,050円)のRaspberry Pi Zero W(廉価な小型コンピュータ)を使用し、Micro-USBコネクタをつないでiPodのインターフェースに似たバージョンのSpotifyをインストールしたようです。
 
デュポン氏が改造したiPodを、Bluetoothを使って外部スピーカーに接続し、Spotifyから音楽を流す様子を動画の中で確認することができます。
 

 
「sPot」と名付けられたデバイスは、1,000mAhのバッテリーを搭載しており、かかった総コストは100ドル(約10,500円)以下だったようですが、デュポン氏は販売などは考えていないとのことで、ハッカーコミュニティのHackadayに詳細を投稿し、ソフトウェアコードはGitHubで無料で公開しています。
 
 
Source:Hackaday, Engadget via 9to5Mac
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる