トップページ > 最新情報 > Android 12で「App Pairs」が登場 分割画面がよりかんたんに利用可能
2021年1月22日 08時53分

読了まで 153

Android 12で「App Pairs」が登場 分割画面がよりかんたんに利用可能

Androidのスプリットスクリーン設定の画像


 
最近のAndroidでは2画面表示(分割画面)機能を使って、2つのアプリを同時に開くことができます。しかしながら、この機能を使うには煩雑な手順が必要でした。Android 12では「App Pairs」と呼ばれる機能でこれが改善されるようです。

面倒な分割画面の利用

従来のAndroidで分割画面を使うには、
 

  1. 1つ目のアプリを開く
  2. アプリ履歴を開き、1つ目のアプリの分割画面を有効にする
  3. 2つ目のアプリを開く

 
という面倒な手順が必要でした。
 
このため、Androidスマートフォンを製造する各社は、独自の分割画面機能を実装しています。たとえば、Microsoft Surface Duoでは「app groups」と呼ばれるアイデアが盛り込まれており、ワンタップで2つの特定のアプリを開くことができます。

2つのアプリをグループ化する「App Pairs」

Googleもこの問題に気付いているようで、Android 12では「App Pairs」と呼ばれる新しい機能が導入されるといわれています。
 
これは、2つのアプリをグループ化して1つのタスクとして扱うためのものです。Microsoftの「app groups」とアイデアは近いかもしれません。
 
2つのアプリをグループ化すると、アプリ履歴のなかで常にグループ化され画面が分割された状態になります。このため、別のアプリと切り替えて使うことがかんたんです。
 
Android12にはほかにも、Wi-Fiパスワードの転送手順の簡略化、サードパーティーアプリストアの利用の簡便化などが行われるといわれています。
 
 
Source:9to5Google
(ハウザー)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる