トップページ > 最新情報 > Apple、VRヘッドセットを先行的に発売か〜早ければ2022年にも登場
2021年1月22日 03時30分

読了まで 237

Apple、VRヘッドセットを先行的に発売か〜早ければ2022年にも登場

oculus quest 2


 
Appleは、仮想現実(VR)に焦点を当てたヘッドセットをARメガネよりも先に発売する可能性が高い、とAppleの動向に詳しいBloombergのマーク・ガーマン氏が伝えています。

デバイス販売は1日につき店舗ごとに1台のみに?

Appleが先行的な発売を目指しているVRヘッドセットは、ゲームのための包括的な3Dデジタル環境や、動画視聴やコミュニケーションのためのもので、拡張現実(AR)機能は制限されるだろう、とガーマン氏はコメントしています。早ければ2022年にも登場予定で、FacebookのOculusやソニーのPlayStation VR、HTCのヘッドセットと競合するような製品となる見通しです。
 
Appleはこれまで、音楽プレイヤー、スマートフォン、タブレット、スマートウォッチなどを誰でも使いやすいような形で製品化してきましたが、VRヘッドセットに関してはスタンスが異なるようです。ガーマン氏いわく、AppleのVRヘッドセットは、後に販売予定のARメガネの礎石となるような機能を果たすとのことで、ハイエンドで高価な、ニッチな製品になるとみられています。

年間販売台数は18万台ほどか

AppleはVRヘッドセットを1日に1店舗あたり1台までの販売に制限する可能性があるとのことで、世界中に約500店舗あるApple Storeで毎日販売されたとして、年間の売上台数は18万台ほどになる計算になります(他の販売経路を除く)。販売台数の規模的には、5,999ドルのMac Proデスクトップコンピュータと並ぶ感じだ、とガーマン氏は述べています。

M1チップよりもパワフルなチップを搭載

Appleは、VRヘッドセットにM1チップよりもさらにパワフルなプロセッサを搭載見込みで、通常ならばモバイルデバイスには取り付けない冷却ファンも装備される可能性があるようです。
 
AppleはVRヘッドセットのプロトタイプを、コードネーム「N301」のもと開発しているとされていますが、まだ製品計画は完全に固まっておらず、発売に至らない可能性も考えられる、とガーマン氏はコメントしています。Appleはコードネーム「N421」のもとARメガネの開発も行っていますが、まだ基礎技術に取り組んでいる状態で、早くても製品化は2023年といわれています。

ヘッドセットの中に度付きレンズが入る仕様に?

パワフルなプロセッサを内蔵した場合、VRヘッドセットは重たくなりがちですが、Appleは眼鏡が入る領域を削ることで、軽量化を図っているとされています。
 
Appleは代わりに度付きのレンズをヘッドセット内に挿入できるよう製品をデザインする計画で、オンラインや直営店で眼鏡の処方箋の提出が可能になることも考えられるとのことです。
 
また、ヘッドセットの材質には、軽量化のため布素材が使用される見通しで、Appleとしては珍しくメタル感のあまりない製品になるだろう、とガーマン氏は述べています。
 
VRヘッドセットを先行的に販売することで、ARメガネの発売準備のための基礎技術の開発、消費者の教育、コンテンツ開発、開発者との関係性の構築などを行うのがAppleのねらいとみられています。
 
 
Source:Bloomberg
Photo:Oculus
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる