トップページ > おすすめアプリ > JR貨物「トラックドライバー用アプリ(仮称)」の試運用開始〜貨物列車位置も把握可能
2021年1月18日 06時00分

読了まで 142

JR貨物「トラックドライバー用アプリ(仮称)」の試運用開始〜貨物列車位置も把握可能

JR Fleet app_1


 
JR貨物は2021年1月13日、スマートフォン用アプリ「トラックドライバー用アプリ(仮称)」の試運用を、2021年下期より開始すると発表しました。

トラックドライバーの負担軽減と、荷役事故減少が目的

JR Fleet app_2
 
JR貨物は、「トラックドライバー用アプリ(仮称)」に当初導入される機能は下記4点と案内しています。
 

    1. コンテナ持込・持出時間予約
    2. 貨物列車位置・遅延情報
    3. コンテナ位置情報
    4. 駅からのお知らせ情報

 
JR貨物は、これらの情報提供により、「コンテナ持込・持出時間予約」や「貨物列車およびコンテナ位置情報」が明らかになることで、トラックドライバーの負荷軽減や荷役事故の減少に繋がると期待しています。

6駅で試験運用後、改修して全国に拡大予定

「トラックドライバー用アプリ(仮称)」の導入は、2021年下期より、「函館貨物駅」「仙台貨物ターミナル駅」「隅田川駅」「静岡貨物駅」「百済貨物ターミナル駅」「北九州貨物ターミナル駅」の6駅を試験運用駅として開始し、上記4つの機能を導入・評価していくようです。
 
その後、利用状況や課題に基づく改修を行った上で、2022年度中に全国のコンテナ取り扱い駅に順次展開予定だと、JR貨物が発表しています。
 
 
Source:JR貨物(プレスリリース:PDF)
(FT729)

カテゴリ : おすすめアプリ, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる