iPadがデスクトップPCのようになるスタンドが「CES 2021」で発表

StudioDock Kensington

StudioDock Kensington
 
1月11日〜14日の期間でオンライン開催されている電子機器の見本市「CES 2021」で、iPad AirやiPad ProがiMacのようになるスタンドStudioDock」をKensingtonが発表しました。

iPadがデスクトップPCに早変わり

Kensingtonの「StudioDock」は、11インチiPad Pro(2018年以降)、iPad Air(2020年以降)、12.9インチiPad Pro(2018年以降)で機能するスタンドです。
 
StudioDock Kensington
 
Qiワイヤレス充電規格に対応しているため、AirPodsやiPhoneの充電を手軽に行えます。また、オプションでApple Watchの充電器も画面横に取り付けることができます。
 
StudioDock Kensington
 
スタンドには、USB-AやUSB-C、HDMI 2.0、Ethernet、3.5ミリステレオミニプラグ、SDカードリーダーが備え付けられており、iPadがデスクトップPCに早変わりします。
 
StudioDock Kensington
 
KensingtonのiPadスタンドの販売価格はまだ発表されていません。公式Webサイトから、スタンドの最新情報についてアップデートを受けることができます。
 
 
Source:Kensington via MacRumors
(lexi)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

特集

目次