AMD製のGPUがSamsungの「次のフラッグシップに搭載」

Samsungのロゴの画像

Samsungのロゴの画像
 
SamsungとAMDの協業について新たな情報です。AMD製のGPUがSamsungの「次のフラッグシップに搭載」されるという情報が出てきました。これにより、グラフィックス性能の向上が見込まれます。

2019年に協業を発表していたAMDとSamsung

AMDSamsungは2019年にモバイル向けのグラフィックス技術における提携を発表しています。
 
そしてこのたび、Samsungの新しいシステム・オン・チップ(SoC)であるExynos 2100の発表イベントにおいて、「次のフラッグシップ」にAMD製のGPUが搭載されるとSamsungが述べました。
 
「次のフラッグシップ」スマートフォンは、正確にはGalaxy S21ですが、これにはARM製のMali-G78が内蔵されたExynos 2100が搭載されます。このため、Galaxy Z Fold 3あるいは、Noteシリーズの後継機にAMD製GPUが搭載されることが見込まれます。

ゲームなどのグラフィックス性能が向上?

AMDはパソコンやゲーム機向けの「Radeon」と呼ばれるGPUを製造しており、このRadeonは高度なグラフィックス処理が可能です。
 
Samsungの次世代のSoCであるExynosシリーズにAMD製のGPUが搭載された場合、ゲームをはじめとするアプリでの性能向上が期待できます
 
AMDにとってはスマートフォン分野への進出への足掛かりとなることでしょう。
 
 
Source:9to5Google
(ハウザー)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

本職はSoCの設計者。このためPCやスマホのHW/SW両方に造詣が深く、その知見に基づいた記事を執筆している。スマホ歴はiPhone4→(Android)→iPhone XR→13 Pro。

特集

目次