2021年1月12日 08時55分

読了まで 147

AirPods Maxの故障時の交換品にはイヤークッションが同梱されない

AirPods Maxの箱と説明書


 
2020年12月15日に発売された(日本では2020年12月18日発売)のイヤークッションはマグネットで本体と装着される仕組みになっており、交換がかんたんです。AirPods Maxが故障して交換する際に、このイヤークッションはどうなるのでしょうか。9to5Macが実際に試した読者の実例を紹介しています。

イヤークッションは交換の対象に入らない

9to5Macの読者であるダミアン・メンさんの体験によると、イヤークッションAirPods Maxの交換品に含まれていなかったとのことです。
 
ダミアン・メンさんは、AirPods Maxのデジタルクラウンが故障したため、に交換を依頼したそうです。その際、送られてきた交換品のなかにイヤークッションがなく、故障したものにもともとついていたイヤークッションを使うことになったとのことです。

AirPods Proの場合は交換用イヤーチップを同梱

一方、の交換の場合は、Appleは交換用イヤーチップを同梱しています。
 
AirPods Proのイヤーチップが900円(税別)であるのに対して、AirPods Maxイヤークッションは単体6,800円(税別)で売られているものであることを考えると、Appleのやり方は理にかなっているといえるかもしれません。
 
AirPods Maxにはイヤーカップ内が結露するという報告がユーザーから寄せられています。
 
 
Source:9to5Mac
(ハウザー)

カテゴリ : AirPods, 最新情報   タグ : , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる