Appear、世界初のグラフェンバッテリー搭載5Gスマホを3月に発売

appear グラフェン

appear グラフェン
 
次世代バッテリー技術ともいわれる、グラフェン」バッテリーを搭載した初の5Gスマホを、米企業Appear2021年3月にリリースすると発表しました。

次世代バッテリーとして期待

Appearのプレスリリースによれば、同社が3月に発売見込みのグラフェンバッテリー搭載5Gスマホにはすでに多くの注文が入っており、売上台数は100万台に上る見通しであるとのことです。
 
2004年にイギリスのマンチェスター大学で発見されたグラフェンは、炭素原子が六角形構造に並んでいるシート状の物質で、軽くて薄く、強靭かつ柔軟性に優れており、高伝導率で透明なのが特徴です。リチウムバッテリーよりも寿命が長く、容量が大きく、充電が速いため、次世代のバッテリー技術として注目を集めています。
 
グラフェンバッテリー市場は、2022年には1億1,500万ドル(約130億円)に達すると2018年の時点で予測されています。

生産はFoxconnに委託

Appearはグラフェンバッテリー搭載スマホの生産をFoxconnインドに委託しており、Qualcomm製のプロセッサが搭載される見通しです。
 
Appearは70を超える販売業者と提携しており、全世界的に販売される見込みです。
 
 
Source:Appear via Wired
Photo:Appear
(lexi)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

特集

目次