トップページ > 最新情報 > 新型コロナウイルスの影響でヨーロッパでの2020年のアプリ売り上げが大幅成長
2021年1月10日 08時52分

読了まで 158

新型コロナウイルスの影響でヨーロッパでの2020年のアプリ売り上げが大幅成長

iPhoneのホーム画面の画像


 
人々の暮らしを大きく変えた新型コロナウイルスは、モバイルアプリの購入にも影響を与えているようです。ヨーロッパにおける2020年のモバイルアプリの売り上げは、前年比約31%増加と2019年に比べて大幅に成長しました。

2020年はアプリに約148億ドルを消費

米国の調査会社であるSensorTowerのレポートによると、ヨーロッパのモバイル端末ユーザーは、2020年にモバイルアプリに対して推定148億ドル(約1兆5,381億円)を消費したとのことです。
 
これは、2019年に比べて売り上げが約31%増加したことを意味します。新型コロナウイルスによるパンデミックと、都市のロックダウンによって、いわゆる巣ごもり需要が寄与したものと考えられます。
 
世界中では約1,110億ドル(約11兆5,361億円)がモバイルアプリに消費され、ヨーロッパにおける支出はそのうち約13.3%を占めています。

端末シェアで劣るApp StoreがGoogle Playを上回る

148億ドルの売り上げのうち、App Storeは約80億ドル(約8,314億円)、Google Playは約68億ドル(約7,067億円)という内訳となっています。
 
ヨーロッパでは、スマートフォンの約75%がAndroid、約25%がiPhoneというシェア比率にもかかわらず、AppleのApp StoreがGoogle Playを上回ったというのは非常に興味深い事実です。
 
最も人気のあるモバイルアプリのジャンルはゲームで、全体の約64.8%にあたる約96億ドル(約9,977億円)を売り上げました。また、最も人気のあったアプリは出会い系プラットフォームのTinderで、2位のNetflixを大きく引き離しているとのことです。
 
 
Source:SensorTower via Patently Apple
Photo:ぱくたそ
(ハウザー)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる