トップページ > iPhone13 > iPhone13シリーズで5Gミリ波対応モデル販売国を拡大か〜新規サプライヤーを採用
2021年1月5日 01時50分

読了まで 214

iPhone13シリーズで5Gミリ波対応モデル販売国を拡大か〜新規サプライヤーを採用

iPhone13


 
Appleが、iPhone13シリーズ用5Gミリ波アンテナの2番目のサプライヤーとして、Qiqiと呼ばれる台湾企業に大量発注を行ったようです。こうした5Gミリ波アンテナの供給数増加は、iPhone13シリーズにおいて5Gミリ波対応モデル販売国を拡大することをAppleが検討していることと関連があるかもしれません。

iPhone12シリーズの米国モデルのみが5Gミリ波対応

Appleのサプライヤーとして知られるWistronはQiqiの筆頭株主で、同社の株式の22.6%を保有しているようです。WistronはQiqiの工場に投資し、村田製作所と共に、iPhone13シリーズ用5Gミリ波アンテナのサプライチェーンに加わったようです。
 
かつてWNC(Wistron NeWeb Corporation)で最高経営責任者(CEO)を務め、現在はQiqiの会長であるシュエ・ホンボー氏は、2021年の5G関連の収益は2020年比で2倍〜3倍に増加すると予想しています。
 
米国モデルのiPhone12シリーズは既に5Gミリ波に対応しており、Universal Scientific Industrial(USI)製の「339M00104S30U7FH」という品番のアンテナが搭載されていることが、iFixitの分解レポートで判明したと報告されています。

サプライヤー増加は、5Gミリ波モデル販売国増加の兆候か

Appleが、iPhone12シリーズでの5Gミリ波対応を米国モデルのみに限定したのは、サブ6GHzに加え5Gミリ波もサポートするとコスト上昇に繋がることが理由のようです。
 
5Gミリ波アンテナのサプライヤーが増えることは、AppleがiPhone13シリーズで5Gミリ波対応モデルの販売国を増やす兆候とも考えられますが、その場合、販売価格が高くなる懸念があるとiPhone Hacksが記しています。
 
技術的な面では、Qiqiはラップトップ用内蔵アンテナにおいて35%の市場シェアを獲得しており、アンテナ設計やパッケージング、テスト、モジュール化など多数の領域で豊富な知見を有しているようです。
 
こうした点が評価され、Qiqiと村田製作所によるiPhone13シリーズ用5Gミリ波アンテナの受注に繋がったようです。
 
 
Source:Patently Apple via iPhoneHacks, everything RF
Photo:Tek Deeps
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる