トップページ > 最新情報 > Apple、時価総額3兆ドル、株価200ドルもあり得る〜アナリストが予想
2021年1月5日 00時10分

読了まで 151

Apple、時価総額3兆ドル、株価200ドルもあり得る〜アナリストが予想

apple-silicon-2021


 
Loup Venturesのアナリスト、ジーン・マンスター氏が、Apple時価総額が2022年後半には3兆ドルに達する可能性があると報告しました。

5G対応とリモートワークの普及による売上増加

Apple時価総額は、2020年12月31日(木)の時点で約2兆3千億ドル(約241兆円)ですが、マンスター氏は来年後半には時価総額3兆ドル(約315兆円)、1株200ドルに達することも十分考えられると述べています。
 
その過程において、iPhoneシリーズと、5Gへの移行に伴う売上の増加だけではなく、リモートワークやオンライン授業の普及により、MacとiPadやサービスの売上も伸びると同氏は予想しています。
 
今後12カ月〜24カ月の間、消費者はこれらの製品を更に購入すると見込まれるようです。

FAANGもAppleが中心に

マンスター氏は、今後もFAANG(Facebook、Amazon、Apple、Netflix、Google)の5社の中でも、Appleがリードし続けると予想しています。
 
結果、2020年12月30日に132.69ドルをつけたAppleの株価が、200ドルに達する可能性があると同氏は述べています。
 
ただし、2020年8月に複数のアナリストがAppleの目標株価を150ドルと設定、しかし9月1日に134.18ドルをつけてから利確売りなどもあり、9月18日には106.84ドルに下落しましたので、マンスター氏の予想通り200ドルに達するとしても、紆余曲折が予想されます。
 
 
Source:CNBC via iMore
Photo:CONSOMAC
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる