トップページ > 最新情報 > Apple、31日だけで中国App Storeから39,000のゲームアプリを削除
2021年1月1日 06時33分

読了まで 151

Apple、31日だけで中国App Storeから39,000のゲームアプリを削除

Apple App Store


 
Appleは12月31日に、中国のApp Storeから39,000のゲームアプリを削除しました。これは1日に削除されたゲームアプリ数としては過去最大数となります。

6月末の期限を12月末へと延期

今回膨大な数のゲームアプリが一度に削除された背景には、中国政府によるゲームアプリの取り締まりがあります。
 
Appleは中国政府の指示のもと、App Storeでアプリ内課金を行うゲームアプリに対し、政府発行のライセンス番号の提出を義務付ける方針を発表。当初は提出期限を2020年6月末までとしていました。
 
しかしその後Appleは締め切りを2020年12月31日へと延期しました。

31日だけで46,000以上のアプリを削除

今回App Storeから削除された39,000のゲームアプリは、いずれも31日までにライセンス番号を提出できなかったアプリです。
 
調査会社Qimaiによると、削除されたアプリの中には、Ubisoftの「アサシン クリード アイデンティティ」や2Kの「NBA 2K20」も含まれていた模様です。
 
Appleは同日、39,000のゲームアプリを含む、計46,000以上のアプリを中国App Storeから削除しています。

2020年通年で14万以上のアプリが削除か

Appleは2020年12月初めの時点で、すでに中国のApp Storeから94,000以上のアプリを削除していることがわかっています。
 
つまり2020年通年で、14万以上のアプリが中国App Storeから削除されたことになります。
 
 
Source:Reuters
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる