ミニLED搭載の12.9インチiPad Proが2021年の第1四半期に登場か

    Apple iPad Pro

    Apple iPad Pro
     
    次世代ディスプレイ技術ミニLEDを搭載した12.9インチのPro仕様のiPad2021年第1四半期(1月〜3月)に発売される、とサプライチェーン情報に詳しい台湾DigiTimesが伝えています。

    GISがタッチモジュールの生産能力拡大に投資

    DigiTimesの報道によれば、中国BOEがiPhoneの有機EL(OLED)ディスプレイ供給の承認を獲得し、GISがiPhoneとiPad Proの両デバイスのタッチパネルを供給する見通しであるとのことです。
     
    GISは、中国成都市にある子会社から2020年8月と11月にそれぞれ申請のあった、21億9,800万台湾ドル(約80億8,660万円) と14億2,100万台湾ドル(約52億2,800万円)の投資を承認したと報じられています。これらの投資は、タブレットに使用される集積タッチモジュールの生産能力を拡張するのが目的です。

    GISはミニLEDディスプレイパネルのモジュールも生産

    同子会社は7億5,300万台湾ドル(約27億7,100万円)を生産ラインの自動化にも投じる見通しです。子会社は現在、iPad、MacBookモデルの集積タッチモジュールの生産を行っているとされています。
     
    iPhoneに加えて、GISは2021年第1四半期にリリースされる12.9インチiPad ProミニLEDディスプレイパネルの集積タッチモジュールの生産も行うと伝えられていることから、来年1月〜3月の間に新ディスプレイ技術を搭載した次世代iPad Proが登場する可能性が高まりました。
     
     
    Source:DigiTimes via MacRumors
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次