トップページ > 最新情報 > Galaxy S22のパンチホールを撮影後にサブディスプレイで塞ぎ、全画面表示実現か
2020年12月29日 00時05分

読了まで 158

Galaxy S22のパンチホールを撮影後にサブディスプレイで塞ぎ、全画面表示実現か

Galaxy S22_1


 
LetsGoDigitalが、Galaxy S22ではパンチホールカメラの穴が、写真撮影後に本体内部に格納されたサブディスプレイがせり上がることで塞がれ、ノッチやパンチホールなどのないフルディスプレイ化が実現されると報じています。

新しいフルディスプレイ化のアイデア

LetsGoDigitalによれば、Samsungは、ディスプレイ下埋込み型カメラなどとは全く異なる方法で、フロントカメラのためのパンチホールやノッチを設けない方法を研究しているようです。Samsungは、世界知的所有権機関(WIPO:World Intellectual Property Office)に2020年6月19日に、「サブディスプレイとその操作方法を含む電子機器」の特許を申請し、12月24日に承認、公開されました。
 
この新しい仕組みはパンチホールデザインのフロントカメラを基本としながらも、必要時以外は、パンチホールをサブディスプレイで塞いでしまうというものです。
 
Galaxy S22_2
 
カメラは2つ搭載されるようで、1つは写真撮影用、もう1つは虹彩認証に用いられるようです。

サブディスプレイの動作機構

Galaxy S22に搭載すると予想されるこの新しいフロントカメラでは、ディスプレイ(メインディスプレイ)とフロントカメラおよびフラッシュユニットの間に、昇降可能なサブディスプレイを内蔵し、写真撮影時および虹彩認証時のみフロントカメラユニットを露出、撮影後はサブディスプレイがせり上がることでパンチホールが塞がれ、フルディスプレイ化される仕組みのようです。
 
Galaxy S22_3

サブディスプレイにはタッチセンサーも内蔵

サブディスプレイはパンチホールを塞ぐ役割以外に、タッチセンサーとしても機能するとLetsGoDigitalは伝えています。
 
Galaxy S22_4
 
 
Source: LetsGoDigital (1), (2)
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる