トップページ > 最新情報 > Samsungの2020年の携帯電話出荷台数、9年ぶりに3億台を下回る
2020年12月27日 16時38分

読了まで 145

Samsungの2020年の携帯電話出荷台数、9年ぶりに3億台を下回る

samsung galaxy 5g


 
Samsungの今年の携帯電話の出荷台数は、過去9年間で初めて3億台に達しない見通しであることが明らかになりました。新型コロナウイルスのパンデミックが原因とされています。

今年は2億7,000万台に落ち着くか

Samsungは、携帯電話出荷台数3億台を毎年の目標として掲げていますが、2020年は9年ぶりに達成に至らない可能性が高い、と韓国ETNewsが伝えています。
 
報道によれば、Samsungの2020年第3四半期(7月〜9月)までの携帯電話出荷台数は1億8,940万台となり、今年の終わりまでの出荷台数はおおよそ2億7,000万台に落ち着くとのことです。
 
Samsungは、2021年に3億700万台の携帯電話出荷を見込んでいます。出荷台数のうち2億8,700万台はスマートフォンが占め、残りはフィーチャーフォンとなる見通しです。

折りたたみスマホは600万台を出荷予定

Samsungは2021年、Galaxy S21シリーズと折りたたみスマホを合わせて4,980万台生産する計画で、そのうち折りたたみスマホは600万台を占めるとされています。
 
来年上半期にリリース予定の折りたたみスマホは、SamsungのNoteシリーズを置き換える可能性があるともいわれています。600万台の折りたたみスマホのうち、半分は比較的廉価なGalaxy Z Flip2になるとみられています。
 
 
Source:ETNews
Photo:Samsung
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる