2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iOSデバイスを複数ユーザーで共有可能になる?Appleが関連特許取得

    ios11 パスコード

    ios11 パスコード
     
    AppleはSecure Enclaveを活用し、複数ユーザーがそれぞれ別のアカウントを設定し、iPhoneやiPadを共有できるようにする方法を模索しているようです。米国特許商標庁が認可したAppleの特許から明らかになりました。

    Macではすでに複数アカウントが設定可能

    Macではすでに、複数のユーザーが個別にアカウントを設定し、ほかのユーザーのファイルや設定にアクセスすることなくログインすることが可能です。
     
    Appleの新しい特許は、Macだけでなく、iPhoneやiPadにおいても複数のアカウントを設定し、それぞれに紐付けたパスコードや指紋などを保管できるようにする、というものです。

    Secure Enclaveを利用か

    Appleはこれを実現するために「システムプロセッサとは別のプロセッシングシステム」を使うとし、T2チップの名前は挙げていませんが「Secure Enclave Processor(SEP)」を含む可能性がある、と記しています。このSEPが、どのユーザーがどのアカウントにアクセスできるかを管理する役割を担うようです。

     
    ちなみにAppleの説明によれば、Secure Enclaveとは「メインプロセッサから隔離されたハードウェアベース鍵管理機能を含む安全なコプロセッサで、セキュリティ層を追加するものです。Secure Enclaveは特定のバージョンのiPhone、iPad、Mac、Apple TV、Apple Watch、およびHomePodに備わるハードウェア機能」で、iPhoneではiPhone5s以降、iPadはiPad Air以降に搭載されています。

     
     
    Source:USPTO via AppleInsider,Apple
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次