トップページ > 最新情報 > Googleの大規模障害、原因は認証システムのストレージ不足
2020年12月15日 15時07分

読了まで 151

Googleの大規模障害、原因は認証システムのストレージ不足

Google


 
Googleは、日本時間12月14日夜に起きた大規模障害について、原因は各サービスへのアカウントログインと認証を管理する中央ID管理システムのストレージが不足したため、と発表しました。

GmailやGoogleドライブなど、アカウント認証が必要なサービスが一時利用不可に

Googleが発表したレポートによると、大規模障害は現地時間12月14日午前3時45分〜午前4時35分(日本時間の同日午後8時45分〜午後9時35分)の約50分にわたって発生していたとのことです。
 
障害発生中は、アカウント認証が必要なGoogle Cloud Platformサービス(Cloud Console、Cloud Storage、BigQuery、Google Kubernetes Engine)やGoogle Workspaceサービス(Gmail、Googleカレンダー、Google Meet、Googleドキュメント、Googleドライブ)等、すべてのサービスが一時的に利用できなくなっていました。

障害発生の原因は、中央ID管理システムのストレージ不足

Googleは障害発生の原因について、各サービスへのアカウントログインと認証を管理する中央ID管理システムのストレージが不足し、エラーがグローバルに返されていたため、としています。障害発生時は、システムの容量割当を自動で管理するクォーター管理システムが正常に機能していませんでした。
 
同社は、内部調査が完了次第、詳細なレポートを別途公表するとしています。
 
 
Source:Google via ケータイWatch,マイナビニュース
Photo:pixabay-KoLa
(kotobaya)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる