2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Apple、watchOS7.2をリリース〜心肺機能レベルの低下を通知する新機能

    watchOS7.2

    watchOS7.2
     
    Appleは現地時間12月14日、watchOS7.2をリリースしました。最新OSには心肺機能レベルの低下を通知する機能が追加され、心電図アプリでは心拍数が100 BPMを超えたときに心房細動を分類するようになりました。
     
    以下、watchOS7.2のリリースノートを転載します。

    watchOS7.2リリースノート

    watchOS7.2には、パーソナライズされたフィットネス体験がApple Watchで提供されるApple Fitness+などの新機能、およびその他の改善が含まれます。心肺機能レベルの低下を通知する機能などが追加され、点字ディスプレイに対応しました。このアップデートにはパフォーマンスの改善も含まれます。
     

    Apple Fitness+

    • iPhone、iPad、およびApple TVで利用可能なスタジオスタイルのワークアウトとApple Watchを組み合わせた新しいフィットネス体験
    • 人気上位10種類のワークアウトタイプにビデオワークアウトを毎週追加: 高強度インターバルトレーニング、インドアバイク、ヨガ、コア、筋力、ダンス、ローイング、トレッドミルでのウォーキング、トレッドミルでのランニング、マインドフル・クールダウン
    • Fitness+のサブスクリプションは、オーストラリア、カナダ、アイルランド、ニュージーランド、イギリス、および米国で利用可能

     
    このアップデートには以下の機能および改善も含まれます:
     

    • 心肺機能レベルが低下したときに通知するオプション
    • iPhoneの“ヘルスケア” Appで年齢と性別に基づいて心肺機能レベルを確認可能
    • “心電図” Appを利用できるほとんどの地域で、心拍数が100 BPMを超えたときに心房細動を分類
    • 台湾でApple Watch Series 4以降の“心電図” Appに対応
    • VoiceOverが点字ディスプレイに対応
    • バーレーン、カナダ、ノルウェー、およびスペインでファミリー共有設定に対応(Apple Watch Series 4以降およびApple Watch SEのCellularモデル)

     
    なおAppleは同日、iOS/iPadOS14.3、macOs Big Sur 11.1もリリースしています。
     
     
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次