AppleクックCEO、国連の世界気候サミットに参加〜「2021年を転換点に」と主張

AppleEvent ティム・クックCEO

AppleEvent ティム・クックCEO
 
Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、国際連合が催した「世界気候サミット(Climate Ambition Summit)」に参加し、「政府とビジネスは協力し、来年からより強固な気候変動対策ターゲットを目指すべき」と述べた、とReutersが伝えています。

サプライヤー95社の再生可能エネルギーへの切り替えを補助

Reutersによれば、クックCEOは「世界中の企業と政府に訴えたい、2021年を転換点にしようと」と主張したとのことです。
 
クックCEOは特定のゴール設定を掲げたわけではありませんが、Appleは95社のサプライヤーが再生可能エネルギーに切り替える手助けをしていることを明らかにしました。今年7月に発表した70社という数字からさらなる飛躍が伺えます。
 
Appleは今年の初めに、企業運営すべてをカーボンニュートラルに行えるようになったと発表しており、2030年までにすべてのサプライチェーンと製品ラインナップをカーボンニュートラルにするという野心的な目標を掲げています。
 
今回のサミットは、パリ協定 (気候変動) の5周年を記念して催されました。来年には、スコットランド・グラスゴーで国連気候変動枠組条約(UNFCCC)の第26回締約国会議(COP 26)が開催される予定となっています。
 
 
Source:Reuters
(lexi)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

特集

目次