2020年12月10日 13時07分

読了まで 156

Apple Watch売上、金額ベースで世界スマートウォッチ市場のほぼ半分に

スマートウォッチ


 
Watchの売上は、2020年第3四半期(7月〜9月)に23億ドル(約2,400億円)に達し、世界全体の売上の約50%を占めたことがわかりました。

Appleは前年同期から2ポイントシェア増に

調査会社Counterpoint Researchによると、2020年第3四半期における世界スマートウォッチ出荷台数は、前年同期比で6%増となったとのことです。
 
出荷台数で最大のを獲得したのはAppleで、前年同期の26%から28%へとシェアを拡大しました。Counterpointはこの増加の一因となったのが、中価格帯のApple Watch SEの投入だと見ています。
 
2位はで、同社も2019年第3四半期の10%から、2020年第3四半期は15%へとシェアを伸ばしています。3位はSamsungで、前年同期には8%で並んでいたBBK(中国)を引き離し、10%のシェアを獲得しています。
 
Counterpoint smartwatch

金額ではApple Watchが全体の約半分に

しかし金額では、Appleが圧倒的首位に立っています。2020年第3四半期におけるの売上金額は23億ドルと見積もられており、世界スマートウォッチ売上全体の約半分を占める結果となりました。なおApple Watchの売上金額は、前年同期から18%も増えています。

中国が北米を抜いて首位に

地域別では、7四半期を経て中国が北米を抜き、首位となりました。Apple Watch Series 4の発売以来(2018年第4四半期)、北米市場はスマートウォッチ出荷台数においてずっと1位の座を維持してきましたが、2020年第3四半期にその座を中国に譲り渡しました。
 
Counterpoint smartwatch

 
 
Source:Counterpoint via 9to5Mac
(lunatic)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる